よんでいる日

読書の感想とか

2016-09-03から1日間の記事一覧

言葉というイデオロギー(『夜を乗り越える』、又吉 直樹)

ベストセラーの『火花』を書いた芸人、又吉 直樹の本である。 はしがきで作者はこう書いている。 「なぜ本を読まなくてはいけないのか?」「文学の何がおもしろいんだ?」「文学って知的ぶりたいやつらが簡単なことを、あえて回りくどく言ったり、小難しく言…